ホワイトヘッド哲学入門

イギリス出身の科学者・哲学者A.N.ホワイトヘッドの解説サイトです。

ホワイトヘッドの宇宙論

「コスモロジーの主題は、世界の動態的努力と、神のヴィジョンの静的威厳の物語りである。」(『過程と実在』)

Whitehead's Cosmology

The theme of Cosmology, which is the basis of all religions, is the story of the dynamic effort of the World passing into everlating unity, and of the static majesty of God's vision, accomplishing its purpose of completion by absorption of the World's multiplicity of effort. (Process and Reality)

ホワイトヘッド哲学入門

ホワイトヘッド哲学入門

自然哲学期から形而上学期を中心に、ホワイトヘッド哲学の変遷を辿ります.

『過程と実在』注解

難解な哲学書として知られる『過程と実在』を読み解き、入門者向けに解説します.

専門用語の解説

actual entityやprehensionなど、ホワイトヘッド哲学の専門用語を解説します.

哲学史とホワイトヘッド

哲学史におけるホワイトヘッドの位置づけや、他の哲学者との相関関係を解説します.
A. N.ホワイトヘッド(1861-1947)は、19世紀から20世紀にかけて活躍したイギリス出身の科学者・哲学者です。

この時期には社会と科学においてかつてない大きな変動と進展があり、彼はそれらを結び合わせようとして自らの哲学を構築しました。

その鍵となるのが「有機体」という結合様式です。思想の統合手法の構成要素である哲学そのものが、思想、そして生きることと同じく総合に向かう動きとしてかたどられる。そんなあり方の一つのモデルをホワイトヘッド哲学は提供しています。

それは科学=分科した学が出会い相互に関わりあって一つの全体をなす生物や社会という「有機体」での学の関係の仕方を示唆するものなのです。
本サイトでは、非専門家を対象に、ホワイトヘッド哲学について入門的に解説しています。まだ制作過程で不完全な記述もありますが、少しずつコンテンツを充実させていきます。